HOME>トピックス>眠りを妨げることもあるハクビシンは寄せ付けない対策をしておこう

眠りを妨げることもあるハクビシンは寄せ付けない対策をしておこう

ハクビシン

被害に合わないためにできる対策

ハクビシンは夜になると屋根裏に入ってきて、ガサゴソと音を立てる迷惑な害獣です。キーキーとうるさい鳴き声でわめき散らすこともあるため、大事な眠りの時間を邪魔されるケースも多くあります。もしも、屋根裏に厄介な害獣の存在を感じているのなら、ホームセンターで販売されているグッズを購入して、追い出すための対策をおこないましょう。ホームセンターで売っている製品の中で、一番簡単にハクビシン対策として使えるのは、嫌がる音を発して寄せ付けないアイテムです。また、進入経路にトゲ上のものを取り付けることで、屋根裏に入らせないアイテムも販売されています。どちらとも簡単に設置ができるアイテムなので、眠りの邪魔をされているのなら、まずは活用してみるとよいでしょう。

ハクビシン

退治や対策をするには許可が必要なのか

ハクビシンを確実に屋根裏から退去してもらうためには、罠などを使って強制的に追い出すのが一番よい方法です。しかし、罠を設置する場合は、免許が必要となるので注意しましょう。そのため、個人でハクビシンへの対処をおこないたいのなら、ホームセンターなどで販売している対策グッズにとどめておいたほうが無難です。危害を与えないグッズを使うならば、免許が必要などの制限はないため、自由に利用することができます。もしも、罠などで確実に退治したいと考えたのなら、免許を取ることを考えるよりも、業者に頼んでしまったほうが早いでしょう。業者なら、確実に免許を持っていますので、迷惑な害獣をしっかりと屋根裏から退去させてくれます。