HOME>トピックス>害獣駆除の対象となる動物とは?意外と身近にいる動物だった!

害獣駆除の対象となる動物とは?意外と身近にいる動物だった!

男性

害獣駆除が必要とされている理由

害獣駆除が必要とされるのは、農作物を荒らすため農家の死活問題だったからです。もちろん今でも作物を荒らされる被害は大問題のままですが、本当に恐ろしいのは、近年被害がどんどん拡大している実態です。近年、郊外ではなく街中の一般住宅街にまで被害が拡大している事実があり、住民が不安を感じている地域は少なくありません。そして農作物を食い荒らす被害より恐ろしいと指摘されているのが、大量の糞による寄生虫被害です。また、害獣はダニやノミの大量繁殖をもたらすため、家屋に二次被害が及んだという報告もなされています。害獣は牙も爪も鋭く、凶暴な性格のため、万が一傷を負わされてしまうと感染症の恐れがあります。噛まれた場合は狂犬病を発症する可能性もあるため、懸念される被害には計り知れないものがあるのです。

男女

害獣を呼び寄せないことが大切

害獣被害に遭わないためには、まず害獣を呼び寄せないよう注意することが重要と言われています。ある地域では、野良猫にあげていたキャットフードを狙って害獣が集まって来た事例があります。食品倉庫や工場など、食べ物を狙って侵入するケースが多いので、該当する場所では厳重に監視する必要があるでしょう。また、害獣の気配を察知した場合、事態を放置したり不用意に近づいたりせず、すぐに害獣駆除の専門業者に連絡することも大切です。一見可愛らしく見える動物である場合もあり、事態を軽く見て放置した結果、被害が拡大したケースもあります。ハクビシンやイタチ、アライグマなどを見かけたら、すぐに対処する必要があることを忘れないようにしましょう。